「神奈川宿・歴史の道」その7【料亭・田中家】

創業150年、台町の料亭・田中家は、坂本龍馬の妻、おりょうが勤めた料亭として有名です。

 

江戸時代、海の眺めを楽しむため、台町の坂道沿いにはたくさんの腰掛け茶屋が並んでいました。その様子は、安藤広重による「東海道五十三次」の神奈川・台之景にも描かれています。

幕末の頃、文久三年(1863年)に、初代の晝間弥平衛が料亭「田中家」を創業して以来150年の現在まで営業を続けています。

かつて料亭街としてにぎわった神奈川宿ですが、現在では、「田中家」ただ一軒を残すのみとなりました。

 

幕末の志士、坂本竜馬の妻おりょうは、龍馬亡きあと、「田中家」で住み込みの仲居として、明治7年、勝海舟の紹介で働いていたと伝えられています。

月琴を弾くこともでき、英語も話せたおりょうは、外国人の接待に重宝されていました。

また酒もよく飲み、物怖じしないまっすぐな性格が、お客に評判だったといいます。

横須賀に嫁いでいき、「田中家」をやめたあとも、ひいき客からいつまでも話題に上ったということです。

龍馬からおりょうにあてた恋文が、今も「田中家」に残っています。

 

 

TEL・FAX   045-624-9300

 

E-MAIL

yokohama-manga@ksn.biglobe.ne.jp

「よこはまマンガ教室」のマスコットキャラクター、「かもちゅ」の動画vol.1.2が完成しました!見てちゅ~!!

 

「よこはまマンガ教室」の

マスコットキャラクター

      

『かもちゅ』(♂)

 

🔴 ことばの語尾に「ちゅ」がつく!

🔴 マンガが大好き!

🔴 中華が大好き!

🔴 帽子の中には肉まんが

       つねに入ってる!

🔴 「よこはまマンガ教室」に

       住んでいる!

 

みなさんよろしくでちゅ!

かわいがってくださいでちゅ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当サイトの無断転載、複製を禁じます。

(C)よこはまマンガ教室 Yokohama Comic School